Do you want to stay in Thailand
for a long time?

タイに滞在する目的は何ですか?

観光と移住のフローチャート

希望滞在日数に応じて最適な提案が可能!

希望滞在日数に応じて
最適な提案が可能!

希望滞在期間:3ヶ月以内〜

観光客の滞在日数延長

滞在日数45日〜最大225日

まで延長可能!

希望滞在期間:3ヶ月〜1年以上

NON immigrant VISA

ビジネスや学校など

種類が豊富

希望滞在期間:5年〜20年

Thailand-elite

Elite VISA

おすすめ弊社特別特典あり

メリット多数、取次簡単!

希望滞在期間:10年

long-term

LTR VISA

無料コンサルあり

富裕層や50歳以上の方におすすめ

富裕層や50歳以上の方に

おすすめ

その他のサポートも充実

タイ移住サポート

  1. リタイアメント移住
  2. 長期VISA取得サポート
  3. 短期移住〜永住までサポート
  4. 銀行口座開設
  5. 運転免許サポート
  6. 不動産仲介サポート

Thailand Elite & LTR

  1. 日本にいる方も、タイに来ている方も可能
  2. 最新の10年ビザ・LTR VISAも取次可
  3. メリット多数の富裕層&リタイア層向けVISA

ビジネスサポート

  1. 会社登記、スタートアップ
    コンサル
  2. リタイアメントVISAサポート
  3. 通訳翻訳ビジネスサポート
  4. HP制作、マーケティング、ブランディングサポート

その他のサポートも充実

タイ移住サポート

  1. リタイアメント移住
  2. 長期VISA取得サポート
  3. 短期移住〜永住までサポート
  4. 銀行口座開設
  5. 運転免許サポート
  6. 不動産仲介サポート

ELITE VISA・LTR VISA

  1. 日本にいる方も、タイに来ている方も可能
  2. 最新の10年ビザ・LTR VISAも取次可
  3. メリット多数の富裕層&リタイア層向けVISA

ビジネスサポート

  1. 会社登記、スタートアップコンサル
  2. リタイアメントVISAサポート
  3. 通訳翻訳ビジネスサポート
  4. HP制作、マーケティング、ブランディング
    サポート

THAI VISA21が選ばれるポイント

100%取得保証

後払い制※

安心の

日本人対応

ピックアップ&

配達まで無料

電話&LINE

無料コンサル

※ ご依頼内容によっては先払いが必要な場合もございます。

弊社オフィスへご来店の方

シーロム本社にご来店

日本人専門家と無料相談可能

ご依頼の流れ

01

お問い合わせ

お電話または公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

02

パスポート受取り

ご来店または、無料でご自宅まで配送ドライバーが集荷に伺います。

03

手続き開始

必要書類を作成し、関係機関に申請します。

04

後払い制※

お支払い

VISA取得確認後、お支払い。パスポートをご返却いたします。

01

お問い合わせ

お電話または公式LINEからお気軽にお問い合わせください。

02

パスポート受取り

ご来店または、無料でご自宅まで配送ドライバーが集荷に伺います。

03

手続き開始

必要書類を作成し、関係機関に申請します。

04

後払い制※

お支払い

VISA取得確認後、お支払い。パスポートをご返却いたします。

※ ご依頼内容によっては先払いが必要な場合もございます。

FAQ

日本人は通常30日の滞在許可をもらえます。

また2022年10月より2023年3月まで、滞在猶予が15日間延長され、45日の滞在許可が与えられます。

またイミグレーションにて30日の滞在延長の申請が可能となっております。

観光VISAはTourists VISA(TR60)というVISAで、タイ国外のタイ大使館(領事館)などで申請可能なVISAです。

ノービザはVISA Exemption Country(ビザ免除国)の国の方が入国時に付与される滞在許可となります。

どちらもタイに入国後に1度だけ30日間の滞在延長が可能となります。

また、ノービザまたは観光ビザはタイ国内で他のVISAへの切り替えが可能となっております。

2022年9月30日で制度終了しております。

特別観光VISAはパスポートの国籍のタイ大使館でのみ発行出来る特殊なVISAでした。

尚、STV特別観光VISA取得者は、タイ国内ではいかなるビザの切り替えも出来ません。他のVISAへの切り替えを希望する場合、一度出国する必要がございます。

◆ タイ国内でVISA取得・切替可能な滞在

  • ビザフリー入国(VISA Exemption)
  • 観光ビザ(Tourists VISA)

※ ほとんどの長期VISAへの切替が可能です。ご相談くださいませ。

◆ 観光滞在中に条件付きで国内切替可能なVISAの種類

  • NON O Retirement
  • NON O Other
  • NON B Business
  • NON ED Students
  • Elite VISA
  • その他数種類

◆ NON immigrant 滞在中に切替可能なVISAの種類

  • NON O VISA

→リタイアメントや結婚VISAなどは特例でタイ国内での切替が可能です。ご相談くださいませ。

  • NON B Thai Company

→ビジネスビザの中でタイ法人の場合は条件付きでタイ国内で切替取得可能です。

  • NON B BOI Company

→BOI企業の方は基本的には国内取得不可能。BOI企業同士の連携が取れている場合のみ切替可能。

※ その他のVISAは一度国外に出国する必要がございます。

無料でアドバイス可能となっておりますので、お気軽にお問合せくださいませ。

◆ エリートビザの概要

タイランドエリート会員権を取得することで、5年から20年の長期滞在が可能になる特別メンバーシップです。

長期滞在許可以外にも様々な特典がございます。

詳しくは詳細をご覧くださいませ。

◆ LTR( Long Term Residence) VISA

長期居住者(LTR)ビザ」「ポテンシャル高い 外国人」にとって、生活やビジネス拠点としてのタイの魅力を高めるために、税制や税制以外の様 々な特典を提供する制度。

 LTRビザは以下の4つのカテゴリーの外国人が対象です:

  • 世界の富裕層
  • 富裕層年金生活者
  • タイを拠点とするリモートワーク専門家、およびに高度な技能 を持った専門家
  • LTRビザ保有者の配偶者及び扶養家族

 

◆ 弊社でサポート可能な主な対象者

1、資産100万USD以上を保有しており、かつタイ国内投資50万ドル以上を行っている、または行う意志のある方

2、50歳を超えており、かつ年収8万USD以上の安定収入を持つ方、または4万ドル以上の収入があり、かつタイに25万USD以上の投資を行う方

 

詳しくはお気軽にご相談くださいませ。

◆ NON ED 学生ビザ

  • 語学学校
  • ムエタイ
  • 私立国立の学校法人
  • 大学
  • 料理やマッサージなど

様々な学生VISAのカテゴリがあり、それぞれ申請の要件や取得難易度が変わります。

◆ 2022年現在の学生VISAの要件

※基本的に観光VISAまたはノービザ入国の外国人のみタイ国内切替が可能です。

※また語学学校系の学生VISAは取得要件が非常に厳しくなり、短期3ヶ月のビザを繰り返し取得する必要がございます。

◆ 長期学生VISAをご希望の方

※ 様々な手段がございます。詳しくは弊社公式LINEよりお問合せくださいませ。

◆ NON O Volunteer ボランティアビザ

2021年9月より非常に厳格な規制がかかり、事実上取得禁止となっております。※一部WPを取得すれば可能。

現在非正規の方法でボランティアVISAを取得した歴のある外国人は様々な規制の対象となっております。

具体例)タイランドエリート会員のエリートビザの申請が通らない、タイにノービザでの入国が出来ないなど。

詳しくはお問い合わせくださいませ。